キャンセルポリシー

株式会社エントリー(以下「当社」といいます。)は、当社が提供するサービス「シェアジョブ」(以下「本サービス」といいます。)の利用にあたって、会員が業務をキャンセルする場合のルールに関し、以下のとおり定めるものとします。

第1条(キャンセルの原則)
  1. 会員は、会員間取引の契約成立後は、原則として自己都合による契約のキャンセルはできません。
  2. 前項の規定にかかわらず、会員は、会員双方の合意による場合は、キャンセルができるものとします。この場合、会員は、当社に対し、報酬についてクライアントとワーカーの取り分を明記した合意書(以下「合意書」といいます。)を提出するものとし、当社は、クライアントが当社に対して支払った報酬及び利用料の合計額から、キャンセル料として利用料相当額を控除した残額について、合意書に明記された取り分に応じて、クライアントへの払戻、ワーカーへの報酬支払を行うものとします。なお、振込手数料は会員の負担とします。
  3. 会員双方の合意があっても、業務の履行終了後は、既に会員間取引の契約が終了しておりますので、キャンセルはできません。
第2条(業務着手前のキャンセルについて)
  1. 会員間取引の契約成立後ワーカーが業務を着手する前に、以下の条件に当てはまる場合、会員の取引画面上にキャンセルをするためのフォームが表示されます。
    (1) クライアントがキャンセルできる場合
      契約の内容である業務履行日になってもワーカーによる業務の履行がなく、または、ワーカーからのメッセージが2日以上ない場合
    (2) ワーカーがキャンセルできる場合
      クライアントからのメッセージが契約成立時から2日以上ない場合
  2. 前項のキャンセルのための手続きは以下のとおりです。
    (1) 前項の(1)か(2)のいずれかの条件を満たした際、キャンセル専用のフォームが表示されますので、会員は、そちらからご連絡し、キャンセルの意思表示を行ってください。
    (2) 当社は、(1)のご連絡を受けた場合、キャンセルのための手続を行います。
  3. 前項によりキャンセルがなされた場合の報酬及び利用料については、以下のとおりとします。
    (1) クライアントがキャンセルした場合、当社は、クライアントに対し、キャンセル料として利用料相当額を控除した残額を払戻しいたします。なお、振込手数料はクライアントの負担とします。
    (2) ワーカーがキャンセルした場合、当社は、クライアントに対し、クライアントが当社に支払った報酬及び利用料の合計額から、キャンセル料として利用料相当額及び報酬の10%に相当する部分を控除した残額を払戻し、ワーカーに対して、報酬の10%に相当する部分を、ワーカーに対して支払います。なお、振込手数料はワーカーの負担とします。
第3条(業務着手後のキャンセルについて)
  1. 業務着手後の場合、会員は、第1条の合意解約を除き、キャンセルはできないものとします。会員は、利用規約の第8条3項に従って、会員間で紛争があることを当社に通知した上で、会員間で紛争を解決するものとします。
  2. 前項の会員間で紛争があることの通知があった場合、当社は、会員から、会員双方による合意書または合意書に変わる判決等の債務名義(以下「判決等」といいます。)の提出が無い限り、報酬及び利用料の合計額のクライアントへの払戻またはワーカーへの支払をいたしません。
  3. 前項の場合に、会員が、当社に対し、合意書又は判決等を提出したときは、当社は、クライアントが当社に対して支払った報酬及び利用料の合計額から、キャンセル料として利用料相当額を控除した残額について、合意書に明記された取り分または判決等の記載内容に応じて、クライアントへの払戻、ワーカーへの報酬支払を行うものとします。なお、振込手数料は会員の負担とし、当社は、遅延損害金等の一切の負担をいたしません。
  4. 第2項の場合に、合意書または判決等の提出がないときは、当社は、報酬及び利用料の合計額を保管いたしますが、180日間経過後も提出がないときは、この合計額から利用料相当額を控除した残額を、供託所に供託できるものとします。
第4条(相手方が利用停止等になった場合のキャンセルについて)
  1. 前2条の規定にかかわらず、会員間取引の契約成立後、取引の当事者である会員が当社から本サービスの会員登録を抹消された場合又は本サービスの全部又は一部へのアクセスの拒否・利用の停止若しくは会員に関するコンテンツや情報の全部若しくは一部の削除の措置利用停止等になり、その結果、当該取引の相手方である会員が取引の当事者である会員と連絡が取れなくなった場合は、当該取引の相手方である会員は、契約のキャンセルができるものとします。
  2. 前項により契約がキャンセルされた場合の報酬及び利用料については、以下のとおりとします。
    (1) クライアントがキャンセルした場合、当社は、クライアントに対し、キャンセル料として利用料相当額を控除した残額を払戻しいたします。なお、振込手数料はクライアントの負担とします。
    (2) ワーカーがキャンセルした場合、当社は、ワーカーに対し、クライアントが当社に支払った報酬及び利用料の合計額から、キャンセル料として利用料相当額を控除した残額を支払います。なお、振込手数料はワーカーの負担とします。
第5条(キャンセル料について)
本キャンセルポリシーに規定されたキャンセル料は、キャンセルに伴う事務作業料として当社が取得するものです。したがって、当社は、第2条3項(2)に定めた場合を除き、会員に対してキャンセル料の払戻または支払をいたしません。
第6条(キャンセル後の紛争について)
キャンセルにかかわる会員間の紛争については、利用規約の規定に従い、会員間で解決するものとします。
第7条(免責)
本キャンセルポリシーに基づいて当社が行った行為により、会員に何らかの損害が発生したとしても、当社は一切の責任を負わないものとします。